Menu
 ホーム
 業務案内
 労務管理・就業規則
 人事・賃金・退職金制度
 助成金
 総務アウトソーシング
 給与計算代行
 プロフィール
 セミナー・講演
 料金の目安
 無料小冊子
 採用時の性格適性検査
 Q&A
 北陸就業規則センター
 リンク
 お問い合わせ
Mailmag
組織における「ヒトと経営」を考える事例研究レポートを毎月発行しています(無料です)
組織活性化のヒント 経営レポート  福井県内企業限定
Menu

TOPICS


  sewayakitai
 

人事・賃金・退職金制度設計

 今の給与制度ではいけないと分かっている。でも具体的にどう変えていくべきか分からない・・・そんな会社にご納得いただくまでお手伝いさせていただきます!

まずは会社が従業員に何を期待しているのか?を人事賃金制度で明確に示すことがスタートです。
 
期待される仕事の役割、職責に応じて組織改善を図る人事制度の導入、運用を重視した賃金表、人事考課表の作成、業務改善プロセスの策定、人件費を適正に管理し、優秀な人材を定着させるための「目標管理制度」「業績連動型賞与」「生命保険を活用したポイント制退職金」etc・・・中小企業に合った分かり易く効果的な制度導入のサポートを行います!


Menu

◆一定の基準に基づいて従業員の評価をする制度がない

◆会社の業績が良いときのみ不定期に昇給する
◆賃金表、給与規定を作ったことがあるが形だけで実態は異なる


 上記のどれかに当てはまる会社は要注意です。
「従業員の働きが悪い」
「せっかく仕事を覚えてもすぐ辞められる」
・・・などは賃金制度に原因があることが少なくありません。
どのように昇給するか、どんなときに手当がつくか、労使双方が分かり易く納得できる「仕組み」を作ることが大事です。


 賃金は労働の対価として会社が示す唯一のメッセージです。
●年齢 ●勤続年数 ●職種 ●職務能力 ●勤務態度 
●業績貢献度 ●役職 ●家族 ●住居 ●資格 ●通勤距離・・・


 それぞれを合理的な基準で評価し、従業員に適正に分配する義務が会社にはあります。

賃金設計で重視すべきポイントは2つ

1「納得性(公平性)があること」
 努力をして成果も出しているのに、他の社員と差がつかず、同じような給与しかもらえない場合、不公平感から不満足感が生まれ、心理的にそれを回避しようとする動機が働く(例:仕事の手を緩める)ことになります。
 1年に1回の昇給はたとえ少額であっても一定のルールとして定め、手当の基準も賃金規定で明確化した上で会社と社員が双方向の賃金制度を作らなければなりません。

2「制度が運用しやすいこと」
 完璧な賃金制度を作ろうとすればするほど人事考課や賃金表は複雑になり、運用は困難になります。
 しかし、複雑な賃金制度が正確で公正な制度に結びつかないことは多くの企業が前例で示しています。
 経営者自身が制度の本質を理解し、自社の風土に合った分かり易い制度でなければなりません。

 当事務所では中小企業の実態に合った分かり易く効果的な賃金制度をご提案します。



《〜人事・賃金制度構築、見直し〜》
@賃金分析・賃金制度の診断
A 評価制度・基準等の見直し
B新しい賃金システム・賃金体系への移行




退職金制度


会社の実態に合った退職金の取り決めを作りたい
・中小企業に有利な退職金の準備手段を知りたい
・社員の貢献度や辞め方によって退職金に差をつけたい
・一度決めた退職金規程を変更したい
・401Kを導入するメリットとデメリットを知りたいetc・・・

 まずは退職金に関する様々な疑問にお応えすることからはじめます。
 その上でポイント制方式、基本給比例方式などの具体的な支給基準設計を行い、詳細なシミュレーションを行ったうえで中退共、養老保険、定期保険などの中から最も会社に合った積み立て方法をご提案します。



《〜退職金制度構築、見直し〜》
@退職金分析・退職金制度の診断
A 支給対象・基準等の見直し
B新しい退職金システム・退職金体系への移行



 
 
 



 
 
inserted by FC2 system